シミ 赤い

赤いシミは肌への摩擦ダメージが原因かも

シミにもいろいろあって、中でも異様なものが赤いシミです。
シミと言えば暗い色をしているというのが一般的なイメージですが、その暗い色の上にさらになんとなく赤みがかっている…。これを赤シミといいます。

赤シミの原因は、ずばり、摩擦によるダメージです。
手でこすったことによる、肌への傷つきなどですね。

なぜ、肌にこするなどの摩擦のダメージを与えると赤シミができるのでしょうか。

それは、肌をこすって刺激を与えることにより、肌の内部の毛細血管が破れたり、炎症を起こしたりすることが原因だと考えられています。

メラニンは肌への刺激や炎症に反応して生成されますので、シミになってしまうのです。

肌が薄いと赤シミになりやすい

赤シミができやすい人には特徴があります。
その主なものが、皮膚が薄くなってしまっているということです。

特に顔などが敏感肌や乾燥肌といった場合、赤シミができやすいと考えられます。
皮膚が薄いと、少しの刺激が肌の深層に伝わりやすく、炎症も起こしやすいのです。

また、赤シミの原因の一つとして、毛細血管が肌から浮き出でしまうということがありますが、これも皮膚が薄いことで起こってます。

皮膚が薄いのをどう改善するのか。これは説明するとなると非常に難しいのですが、簡単に言いますと、しっかり保湿して、肌の中のコラーゲンやセラミドといった物質の密度を増やすことが重要です。

アヤナスという化粧品でそれが行えるため、当サイトではおすすめしています。

生活の中でできる予防

赤いシミをこれ以上増やさないために、できることをお伝えします。

まず、重要なのが刺激を与えないようにするということです。
摩擦による肌へのダメージは日常生活で非常に多いのです。

人の身体の中でもっとも摩擦を受けているであろう、足の裏の皮膚。
足の裏のように、あまりに多くの摩擦の刺激を受けると皮膚は厚く、頑丈になります。

しかし、顔の肌を厚く頑丈にする必要はありませんね。
摩擦をさける以外ありません。

・顔や目をこすらない。
タオルで顔を拭くときポンポンと押すように拭く。こすらない。
・あまり顔を触らない。←重要。
・うつぶせで寝ない。

などなど、気を付けていただく必要があるでしょう。

おすすめ化粧品

年齢肌の話

敏感肌の話

乾燥肌の話

ほうれい線の話

しわの話

くすみの話

シミの話

アンチエイジングに有効な成分

その他の話