敏感肌 肌荒れ化粧品

敏感肌の人が肌荒れを起こしやすい化粧品の成分とは?

敏感肌を長年やっていると、化粧品を使っただけで肌が真っ赤になったり、ガサガサしたり、かゆくなったり、場合によってはひどい痛みが起きたりします。

これは化粧品に含まれている成分による肌の過剰反応、肌荒れです。バリア機能が失われてしまった敏感肌の肌には、もともと美容のために作られた化粧品の成分でさえ、「異物」となってしまうのです。

では、敏感肌を肌荒れにさせてしまう成分とはなんでしょうか。
ここでは代表的な成分をお伝えします。

アルコール

アルコールは人々の生活にかなり根付いた成分です。お酒にも入ってるし、消毒液やウエットティッシュなどにも入っていますね。

そんなアルコールですが、化粧品にも含まれていることがあります。
身体につけると、すぐに蒸発するのでスゥーッとした感じがあります。そのために、清涼感を加える目的として配合されることが多いようです。

もちろん入っているものと入っていないものがありますが、アルコールが入っているから悪い化粧品、と簡単には言えません。アルコールが入っていないと使用感が悪かったりする場合もあるのです。

お酒が強い、弱い、というように、アルコールに対する皮膚の耐性も人それぞれです。

着色料や香料

着色料や香料も、肌への刺激となることがあります。その大きな要因がアレルギーです。

まずいのが、合成着色料。タール着色料ともいわれ、コストが安く、色も豊富に表現できるため、低価格の化粧品に使われることが多いのですが、大きな問題があります。

アレルギーを起こす可能性もありますし、肌への色素沈着の恐れも指摘されています。綺麗になるための化粧品が、シミの原因になったら最悪です。

現在ではアレルギーが予想される着色料の使用は認められていませんが、個人差がありますので何とも言えません。

シリコン

シリコンも肌荒れを起こす成分の一つとして考えられています。
最近では、シャンプーなどでも、シリコンが頭皮や髪に悪いとのことから、ノンシリコンシャンプーなどが人気になっています。

しかし、大手化粧品会社の資生堂では、ホームページでシリコンの危険性について否定しています。
毛穴につまることもないし、肌や頭皮に有効な成分の浸透を妨げたりする可能性もシリコンにはないとしています。

確かに、シリコンを化粧品などに配合することで使用感がよくなるそうです。とはいえ危険性が完全にぬぐえるわけではないので、多少慎重になってもよいかもしれません。

防腐剤

防腐剤は、その名の通り、腐ることを防ぐための薬です。
化粧品にはアルコールが含まれていますが、その大部分が水です。

水は放っておけば腐ってしまいますから、防腐剤の配合はどんな化粧品にも欠かせません。
安全性は確認されているようですが、「安全性が確認されているものに対しても反応」してしまうのが敏感肌の大変なところで、やはり注意が必要かもしれません。

おすすめ化粧品

年齢肌の話

敏感肌の話

乾燥肌の話

ほうれい線の話

しわの話

くすみの話

シミの話

アンチエイジングに有効な成分

その他の話