敏感肌セラミド

敏感肌とセラミドの関係 セラミドとは?

スキンケアの話でよく聞く”セラミド”。名前は聞いたことがあるけれど、実際はなんだかよくわかりませんね。
肌にある成分なんだろうけど・・・。実際はどのようなものなのでしょうか。

その話をする前に、肌の構造の話に触れておきます。
肌は実は何層もの構造でできています。外側には表皮、その次に真皮、もっとも内側には皮下組織と呼ばれる層があります。

一番外側の表皮も、実は4層に別れていますが、その中でさらに外側の部分(空気に普段触れている部分)のことを角質層と呼びます。角質は聞きなれた言葉ですよね。

で、話を戻しましょう。セラミドは、この角質の中に入っている「脂質」のことです。
難しく言うと、細胞間脂質と呼ばれる、細胞と細胞の間で水分や油分を保っている物質です。

敏感肌の対策ではセラミドのケアが重要

セラミドはどういう役割をしているのでしょうか。
簡単に申し上げますと、保湿成分です。

油分と水分を蓄える、保湿のやくわりがメインです。乾燥を含んだ外部からの刺激から肌をまもるバリア機能として働いています。

身体の中から、蒸発で水分が逃げてしまわないのもセラミドのおかげ。肌にうるおいを保ち、肌のバリア機能を維持するためにもセラミドは重要な成分なのです。

敏感肌の方の肌が、乾燥や少し刺激のある化粧品に過剰に反応してしまうのはこのセラミドが失われているからなんです。

つまり、保湿やバリア機能が失われ、少しの刺激にも大きなダメージを受けてしまう状態になってしまっています。

敏感肌の対策には、まずこのセラミドを補ったり、失うことを防いだりすることが重要になります。

セラミド補給のための化粧品

セラミドを補うための化粧品もあります。アヤナスというアンチエイジング化粧品ですが、
こちらはヒト型ナノセラミドという、ヒトの身体に存在するセラミドと同じ形のセラミドが入っている化粧品です。

>>アヤナスについて詳しく見る

そのため敏感肌にも効果的ですし、刺激も強くありません。
そういう意味でおすすめの化粧品です。

おすすめ化粧品

年齢肌の話

敏感肌の話

乾燥肌の話

ほうれい線の話

しわの話

くすみの話

シミの話

アンチエイジングに有効な成分

その他の話