エストロゲンを増やす方法

エストロゲンを増やす方法を3つに分けてみました。エストロゲンは肌の弾力成分であるコラーゲンやエラスチンの再生を行う大切な女性ホルモンです。

エストロゲンを増やす3つの方法

エストロゲンとは、女性の卵巣から分泌される女性ホルモンの一つです。女性のやわらかな体つきを形成しているのがこのホルモンです。ふっくらした弾力のあるうるおった肌もエストロゲンによって実現されています。

ここでは、そんなエイジングケアにおいても大切なエストロゲンを増やす方法についてお伝えします。

漢方薬を飲む

漢方薬にエストロゲンを増やす効果があるものがあります。血行を良くする当帰芍薬散、精神不安や神経症やイライラに効く加味逍遥散、血行をよくし、生理不順などに効く桂枝茯苓丸などがエストロゲンを増やすそうです。(漢方にあまり詳しくないので、詳しくは薬局へ・・・)

エストロゲンを注射

これはもしかしたら一番効果的かもしれません。エストロゲンを直接体内に注射する方法です。産婦人科などで受けられるそうです。
ただし、乳ガンや脳卒中などの副作用がありますので、あまりオススメはできない方法です。

大豆製品を食べる

実はこれが一番のオススメです。注射や漢方薬よりもお金かからないだろうし、なにより大豆製品は美味しいので。

大豆に含まれているイソフラボンという物質が、エストロゲンとほぼ同じ作用を体にあたえるようです。さらに大豆は脂分が少なく、高タンパク質な食品なので、若返りに効く食事にも入っています。

暑い夏の日は冷奴、寒い冬の日は湯豆腐!
朝は豆乳、次の日は納豆!

これを続けるだけでエストロゲンを増やすことができるのですから、すごくおすすめです。
大豆イソフラボンのサプリメントもあるそうですが、サプリメントは味がしないのでつまらないですよねー。

おすすめ化粧品

年齢肌の話

敏感肌の話

乾燥肌の話

ほうれい線の話

しわの話

くすみの話

シミの話

アンチエイジングに有効な成分

その他の話