手作り化粧水の効果

手作り化粧水の効果を種類別に公開しています。それぞれの特徴や性質を活かしたスキンケアを行いましょう。

手作り化粧水の効果はいかほど?

今や化粧水は買ってつけるものというだけではなく、自分で作ってしまえるものとなりました。

といっても、実際はいろいろな種類の手作り化粧水があって、どれを使えばよいのかまよってしまうところ・・・。
ここでは、手作り化粧水の種類別に、その効果をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

種類別!手作り化粧水の効果

精油で作った手作り化粧水

グリセリンと精製水とエッセンシャルオイル(精油)で作った化粧水は、入れる精油によってその効果はまちまちになります。

例えば、乾燥肌にはカモミールの精油、オイリー肌にはベルガモット、アンチエイジングにはラベンダーなどと、その精油によってそれぞれの効果があります。

なので、一概にこの手作り化粧水は効く、効かないと言い切れないのですが、エッセンシャルオイルを入れることで肌の効果があるほか、リラックス効果などの精神的な面でも、比較的評判が良いです。

日本酒で作る化粧水

グリセリンと精製水、そして日本酒を入れて作る化粧水の効果です。日本酒には、美肌、美白などの効果があり、さっぱりしていて使いやすいと評判です。
また、日本酒にはオリザブランという天然の保湿効果の高い成分が含まれているため、肌のうるおいを保つにはうってつけの化粧水ができます。

しかし、デメリットもあって、1つはアルコールに弱い人には向かないことと、栄養価が高いため雑菌が繁殖しやすいということです。

尿素でつくる美肌水

尿素とグリセリンと水で作る美肌水というのが一時期ものすごく流行りました。赤ちゃんにも使えるということで、肌への刺激や負担が非常に少ないのが特徴的です。

こちらは人によって意見が別れるのですが、使ってしっとりしたという人もいれば、あまり保湿効果は無いという人もいます。 アトピー体質の人は痒くなってしまったり、乾燥してしまうこともあるそうなので、避けたほうがよいかもしれません。

作らなくてもイイモノはあります!

手作り化粧水を作ろう作ろうとしていると、どうしてもそればかりに目がいってしまいがちですが、目的は肌を美しくすることなので、その効果のある化粧水を買うというのも、有効な手段だと思います。

当サイトでオススメしている化粧品はすべてスキンケアを専門にしている研究所から研究・開発されたものです。

私もいろいろ手作りで化粧水を作りましたが、1から自分で研究して作るよりも、すでにそれを職業としている研究者が作ったものを買ったほうが良いかもしれないというのが私の個人的な結論です。

当サイトおすすめ化粧水

おすすめ化粧品

年齢肌の話

敏感肌の話

乾燥肌の話

ほうれい線の話

しわの話

くすみの話

シミの話

アンチエイジングに有効な成分

その他の話