乾燥肌 タオル

乾燥肌とお風呂のタオルの話

乾燥肌の方は、タオルの使用には気を付けた方がよいかもしれません。
タオルと言っても、お風呂でタオルを使う際は、2つの場面があるはずです。

1度目は身体を洗うとき。2度目は、身体の水分をふきとるときです。

ボディタオルに注意!

一度目の身体を洗うときに使うタオルは、ボディソープを泡立てたり、身体についた垢や古い角層などを落とすために使う、繊維が粗いボティタオルというものです。

肌が弱くない人にとっては、ゴシゴシ洗えて、身体についたよごれがきれいさっぱり落とせるので気持ちの良いものですが、乾燥肌など、肌のバリア機能が低下してしまった人の場合、肌に刺激をあたえ、負担をかけてしまうことになります。

ボディタオルは粗い繊維ですが、あれは肌の表面の角層や垢を削り取るためにあのように粗くなってるんですね。肌が乾燥し弱い人には、虐待のようなものです…。

乾燥肌の方は、ボディタオルでゴシゴシ洗うのはやめた方がよいでしょう。
しかし、ボディタオルの「泡立て」は優れたものですので、ボディタオルは泡立てるためだけに使用するというのがよいかもしれません。

身体を洗うときは、良く泡立てたボディソープを手に乗せて、優しく洗う感じが良いと思います。

身体をふくときも優しく。

お風呂から上がって、身体の水分を拭き取る時も、乾燥肌の方は注意が必要です。
髪の毛をゴシゴシ拭くと、髪の毛の質がガサガサになるとよく言いますが、これは肌の場合も同じです。

品質のよいタオルだとしても、拭き取り方によって肌を傷つけることがあります。
肌にタオルを押し付け、それをスライドするような拭き取り方は、肌に刺激をあたえてしまいます。

そうではなく、上から肌にタオルを押し付け、ポンポンと拭くことにしましょう。
こすってはいけません。

おすすめ化粧品

年齢肌の話

敏感肌の話

乾燥肌の話

ほうれい線の話

しわの話

くすみの話

シミの話

アンチエイジングに有効な成分

その他の話