口元 くすみ

口元のくすみの原因と対処法

口元がくすんでくると、目元のくすみほど影響力は大きくないですが、やはり印象が暗くなります。

特に、近年日本では女性の口元が注目をうける風潮があります。

アヒル口が少し前に流行りました。最近では、能年玲奈さんのような”カッパ口”が流行っているそうです。

若い女性が写真を取る時も、口のカタチを意識的に変えることが多いようです。

と、言う風に、最近では口まわりに日本人の意識が向いているようです。
なおさら、口元も美しくいたいですね。

口元がくすむ原因

口元がくすんでくる原因としては、口まわりの乾燥が大きいと思います。

口まわりは顔の中でも特に乾燥しやすく、冬場はとくに乾燥しやすいです。
皮膚が薄いうえに、皮脂腺が少ないため、もともとの保湿力が低いのです。

肌が乾燥すると、角質層が分厚くなってきます。すると透明感がなくなり、くすんだような見た目になってきてしまいます。

また、意外と口まわりは手で触れることの多い箇所です。
食事の際にティッシュなどで拭うときも、どうしても口まわりは擦れてしまいます。

洗顔のときなども、なんとなく目や頬よりも雑に扱ってしまいがちな場合もありますね。歯磨きなどでも、気づかぬうちにこすってしまったりすることがあります。

口元のくすみのの解消法

口元のくすみの解消法としては、とにかくあまり口元に刺激を与えないようにすることです。

口まわりは咀嚼の際などを含めて、顔の部位でもっともよく動きます。
ある程度の刺激や摩擦はしかたがありませんが、意識するだけでも次第に刺激量は減っていくはずです。

また、乾燥を防ぐことが重要です。

洗顔も、必ず洗顔料を泡立ててから。こすらないように、泡で洗います。
これは口まわりに限ったことではありませんが、割と慎重にやったほうがよさそうです。
乾燥肌の場合は、保湿力の強い化粧品を使うのも良い方法でしょう。

おすすめ化粧品

年齢肌の話

敏感肌の話

乾燥肌の話

ほうれい線の話

しわの話

くすみの話

シミの話

アンチエイジングに有効な成分

その他の話