目の周り カサカサ

目の周りがカサカサしだした時に有効な手段を3つにまとめて紹介してみました。

目の周りがカサカサした時の3つの対処法

目の周りのカサカサって非常につらいですよね。私もちょっと今、ケアをサボってしまって乾燥しています。
現に乾燥してる人が書いたページなんてちょっと説得力がないかもしれませんが、この方法を使って何度もなおしているので、参考にしていただけたら幸いです。

オイルやワセリンで保湿!

目の周りのカサカサは、いいかえると乾燥です。乾燥は保湿をすれば治すことができるので、植物オイルやワセリンといった油分の高いもので保湿をすると改善する可能性があります。
もちろん、オイルやワセリンを塗る前には化粧水などで水分を与えてからにしましょう。

オイルでおすすめなのはホホバオイルです。人間の皮脂と似た成分で、肌への刺激も少ないです。ワセリンに関しては傷口に塗っても大丈夫なくらいですから、目の周りにはぜんぜん塗って平気です。薬局に500円くらいでうってますよ!

ただし、つけるのは夜にしましょう。朝つけて昼間外に出ると、油分のせいでこんがり日焼けしてしまう可能性があります。

エイジングケア化粧品を試してみる

このページを見ている方の中には10代の方から20,30,40,50代...の方までさまざまいらっしゃるとは思いますが、どの世代の方でも、目の周りが乾燥した際にはエイジングケア化粧品を試して見ることをおすすめします。

というのも、エイジングケア化粧品には目の乾燥を防ぐ成分が多く含まれているからです。目の乾燥は、目もとのシワにつながります。それをケアするのがエイジングケア化粧品なので、当然目のカサカサにも効果的なのです。

これが意外と効きます。カサカサ改善とスキンケアが同時にできるのでおすすめです。

おすすめのエイジングケア化粧品

生活習慣の改善を志してみる

睡眠不足やストレスが肌のカサカサの原因になることもあります。今が忙しくても自分の体とはずっと付き合っていくので、大切にしましょう。

また、食習慣も肌に大きく影響を及ぼします。インスタント食品や加工食品は体に悪いばかりか肌にも悪いです。
トマトやナッツ系、緑黄色野菜はさまざまな種類のビタミンを摂ることのできる食材です。外側のケアだけでなく、内側からもキレイにしましょう。

最終手段は病院へ。

上に書いたことをすでに行なっているのにカサカサがおさまらない場合や、カサカサの度合いがひどい時は、もうそれは皮膚疾患なので病院に行ったほうが早いかもしれません。

私も痛すぎて痛すぎてたまらなかったときは病院に行って薬をもらいました。ステロイドの軟膏でちょっとためらいましたが、2、3日つけるとだんだん良くなります。

ステロイド剤は肌が黒くなるなどの副作用もありますから、最終手段として考えておいたほうがよさそうです。

おすすめ化粧品

年齢肌の話

敏感肌の話

乾燥肌の話

ほうれい線の話

しわの話

くすみの話

シミの話

アンチエイジングに有効な成分

その他の話