年齢肌 セラミド

年齢肌にはセラミドが足りてない!

年齢肌は、年齢による肌の再生力の衰えや、時間をかけて蓄積された肌へのダメージなどによって老化した肌のことをいいます。

年齢肌にたるみやしわ、ほうれい線などが現れてしまう大きな要因として、セラミド不足が考えられます。

セラミドとは、ヒトや哺乳類の体内に含まれる成分のことで、細胞間脂質といわれます。つまり、細胞と細胞のあいだに入っている脂質のことです。どのような役割かというと、水分を肌に保ち、肌にうるおいをもたせたり、外部からの刺激からバリアしたりするなどをしています。

年齢肌の多くは、このセラミドを失ってしまっているのです。
セラミドを失うと、肌が乾燥しやすくなって敏感肌になったり、しわができやすくなったりします。

セラミドを補う方法

足りなくなってしまったものは、補えばよいのです。
手軽なことではありませんが、方法はあります。

1つは、セラミドを身体から作り出す方法。これは、野菜など植物にふくまれている天然の化学物質「フィトケミカル」を摂取することで、セラミドの生成を助けてもらうという方法になります。

フィトケミカルは、いわゆるポリフェノールやイソフラボン、リコピン、カロテン、カプサイシンなどといった、植物の抗酸化物質です。赤ワインや大豆、トマト、お茶、コーヒー、トマト、唐辛子などにこれらは含まれています。

野菜を多く食べることがアンチエイジングにつながると言われている理由はここにあったのです。

セラミドを補う方法のもう1つは、セラミドが配合された化粧品を使うと言う方法です。

例えば、アヤナスという化粧品には、ヒト型ナノセラミドという成分が配合されていて、これはもともと体にあるセラミドと同じように肌のうるおいを保ち、バリア機能も高めてくれます。

こちらのほうが、上記の野菜を摂る方法よりはお金がかかってしまいますが、効率的で効果も比較的見えやすいと思います。

おすすめ化粧品

年齢肌の話

敏感肌の話

乾燥肌の話

ほうれい線の話

しわの話

くすみの話

シミの話

アンチエイジングに有効な成分

その他の話