アンチエイジング コラーゲン

アンチエイジングに有効なコラーゲン

コラーゲンは、人の身体全身に使われているたんぱく質の一種です。
細胞と細胞のあいだにあり、それぞれをつなぎとめる役割を果たしています。

細胞の柔軟性や弾力性を保つためにも欠かせないため、アンチエイジングでも非常に重要な成分になります。
人の身体にはたくさんのたんぱく質がありますが、その中でも30%がこのコラーゲン。年齢とともに生成されにくくなるため、若さを保つ=コラーゲンを保つ、と言い換えてもよいのかもしれません。

コラーゲンがアンチエイジングにどう効くの?

お肌は何層にも分かれてできています。そんなに難しい話じゃないので聴いてください(読んでください)。
外側から、表皮、真皮、皮下組織と層ができています。このなかで一番大きいのが真皮です。

そして、そんな真皮の70%を構成している成分がコラーゲンなんです。肌のメインの成分がコラーゲン!?なのかもしれません。

真皮でコラーゲンが生成されていくのですが、この生成能力が高ければ高いほど、新陳代謝が高いことになります。

肌もキメ細やかになりますし、くすみやシミも肌に残りにくくなります。
ただ、その生成能力は年齢とともに衰えていくのが一般的です。

アンチエイジングの役割としては、このコラーゲンの生成能力を助けることだと言えます。

コラーゲンは食べても意味がない!?

上で「アンチエイジングの役割はコラーゲンの生成能力を助けること」と書きましたが、これが実は一番重要で皆さんにお伝えしたいことなんです。

よく、すっぽんのコラーゲンのサプリメントや、豚足の鍋?とかフカヒレがコラーゲン豊富でお肌にいいと言う話があります。でも実は、口からの摂取ではお肌に影響を与えるほどコラーゲンを増やすことはできないと考えられています。

なぜなら、口から摂取したコラーゲンは胃の中に入り、そのまま腸で消化・吸収されますが、その際にアミノ酸に分解されます。もうこの時点で、コラーゲンじゃなくなっちゃうのです。

確かにアミノ酸はコラーゲンの材料ですが、それだったら初めからコラーゲンじゃなくてアミノ酸に変わる他の食べ物を食べても同じですよね…。

そういう意味でも、コラーゲンは摂取するよりも、”生成能力を助けてあげる”ほうが効果的なんです。

→コラーゲンの生成能力を助ける化粧品「アヤナス」

おすすめ化粧品

年齢肌の話

敏感肌の話

乾燥肌の話

ほうれい線の話

しわの話

くすみの話

シミの話

アンチエイジングに有効な成分

その他の話