シミ 原因 対策

シミができる原因と対策

シミが出来る原因。さまざまなことがシミには関係していますが、大雑把にいうと肌への刺激・ストレスがシミをつくっています。その原因はくすみに似たものです。

くすみもまた肌への刺激やストレスがその原因となっています。肌トラブルのほとんどは刺激とストレスだと言ってもよいかもしれません。

肌への刺激やストレスが具体的にどのようなものかと言いますと、

・陽の光の紫外線による肌へのダメージ
・乾燥による肌へのダメージ
・摩擦などによる肌へのダメージ

などです。その他にシミの原因になるものとしては、

・加齢による、肌のターンオーバーの低下
・ストレスなどによる血行不良
・女性ホルモンの分泌異常

などがあげられます。

対策としてできること

シミの原因をたくさん列挙してみましたが、多すぎて何から対策して良いのかわからなくなりますよね。
とりあえず、大切な部分だけ、対策としてお伝えします。

まず、紫外線対策をすること。これをやっていない女性はほとんどいないんじゃないかと思います。
しかし、紫外線はシミの大きな要因ですから、引き続き注意が必要です。

そして乾燥についての対策です。肌が乾燥すると、皮膚が厚くなって、硬くなります。メラニンも蓄積しやすくなるのでシミができやすくなります。保湿効果の高い化粧品を使うなどして、対策しましょう。

最後に、ターンオーバーを活性化させるための対策をしてください。
難しいことのようですが、日常の中で改善できることです。

ターンオーバーが衰えてくるのは、年齢によって当たり前のことです。
しかし、ターンオーバーを低下させるのは年齢だけではありません。

血行不良やストレスが大きく影響しています。
例えば、1日に1時間ウォーキングしている40代女性と、そうでない40代女性。
おそらく、シミがあるか、ないか、という形で、違いが表れてくると思います。

足を動かすことは、血を体中に巡らせることに大きく貢献します。
血流が良くなると、肌の老廃物も排出されやすくなりますし、新しい細胞も積極的につくられるようになっていきます。メラニンも蓄積しにくくなるし、肌のキメも細やかになるでしょう。

3点、対策をあげましたが、どれも重要です。

おすすめ化粧品

年齢肌の話

敏感肌の話

乾燥肌の話

ほうれい線の話

しわの話

くすみの話

シミの話

アンチエイジングに有効な成分

その他の話