肌若返り

肌の若返りを実行するために、なぜ人は老化してしまうのか、それを補ってどのように若返っていけばいいのかについてお伝えします。

肌が若返るために!老化の原因とアンチエイジングの方法!

女性の場合、多くの人がだいたい25歳ごろと、30歳ごろに肌の老化を自覚すると言います。肌の乾燥を感じ始め、シミやシワを自分の顔に発見し、たるみが・・・と、ここらへんでやめておきましょう。このページでは、老化の原因と、そこから巻き返すように肌を若返らせる方法、アンチエイジングの方法についてわかりやすくお伝えしてまいります。

老化の原因を知って、肌の若返りに役立てる!

肌若返り

女性ホルモンの分泌が低下してくる

これは、生理的な現象なので仕方がないことなのですが、20代を超えて、30代に近づいてくると女性ホルモンの分泌がだんだんと低下してきます。すると、肌である皮膚の厚さが薄くなっていってしまいます。

というのも、女性のふっくらした肌や、ぷるぷるとした若い肌というのは、女性ホルモンが分泌によって保たれているものだからです。

肌がだんだん乾いてくる

20歳、25歳あたりで、オイリー肌から乾燥肌に体質が変化したと訴える女性は多いようです。女性はそのころを境として、角質に潤いを保つ皮脂の分泌量が減り、肌がだんだんと乾燥していきます。乾燥した角質は、ダメージを受けやすくなってしまうので、結果としてシワや細かいキズが肌にできてしまいます。

活性酸素によるダメージの蓄積

私たちが行動をするとき、エネルギーを必要とします。エネルギーを作る時には、呼吸で体内に取り込んだ「酸素」と食事で得た「糖質」や「脂質」を化学反応させています。そのときに発生するのが「活性酸素」という物質です。活性酸素は生まれると、体内で細胞や遺伝子などに傷をつけてしまいます。これは肌に限らないことです。私たち哺乳類が生きていくには、仕方がないことです。

紫外線が最も肌を老化させていく

私たちが最も敵対しなければならないのが、「紫外線」です。紫外線は活性酸素と同様に、細胞と遺伝子に傷をつけていきます。これがシミなどをつくるのです。夏はもちろんですが、一年中、気をつけておきたいものになります。


肌の若返り、アンチエイジングの方法

若返りの方法

では、老化の大きな原因を知ったところで、これらに対してどのような対策を行っていけばよいのかについて考えていきましょう。

仕方がないことはあきらめる

こういってしまったらなんだか消極的のように思われるかもしれませんが、「仕方がないことはあきらめる」これは結構重要です。例えば、女性ホルモンの分泌の低下や、活性酸素によるダメージの蓄積は、ほとんど避けられないものです。(活性酸素については、酵素を摂取することで、ある程度は食い止められることがあります。ある程度です。)

年をとれば、若いころのようにいかないのは当たり前です。なによりいけないのは、年をとることがストレスになってしまうことです。ストレスはホルモンバランスを乱しますから、老化に拍車をかける結果となります。

できる範囲でアンチエイジング。補えるところは補おう!

そして次に大事で、そして難しいのは、あきらめるところはあきらめて、それでいてあきらめ切らないということです。ホルモンの分泌が減ったとしても、足りないものを補ってしまえばいいのです。努力をすれば、人間は本当にいつまでも若くいることができます。


若返りの要点は、攻めの化粧品と、守りの紫外線対策の2つ

化粧品で、肌に足りなくなったものを補ってあげる

エイジングケア

上でとりあげたとおり、女性ホルモンの分泌の低下により、女性の肌のふっくらとした、ぷるぷるした感じを保つための栄養素(コラーゲン)が途絶えてしまいます。ならば、積極的にこちらからコラーゲンを補ってあげればよいのです。また、乾燥に関しても同じです。皮膚にうるおいをこちらから与えましょう。

当サイトのトップページでは、肌の状態、種類別におすすめの化粧品を紹介しています。どれもトライアルセットでお試しできるので、ご活用ください。アンチエイジングおすすめの化粧品


肌を紫外線から徹底的に守る!

こちらも、常にやられているかとはおもいますが、UVカットの日焼け止めクリームを肌に塗ることは重要です。冬でも、紫外線は肌にダメージを与えます。ですから、日が出ている、出ていない関係なしに、紫外線対策は常に行いましょう。

おすすめ化粧品

年齢肌の話

敏感肌の話

乾燥肌の話

ほうれい線の話

しわの話

くすみの話

シミの話

アンチエイジングに有効な成分

その他の話