肌 弱い 原因

肌が弱くなってしまう原因を3つに分けて説明しています。原因を明らかにして美しい肌を取り戻しましょう。

肌が弱い3つの原因【敏感肌】

近年、肌が弱いという悩みを抱えている人はどんどん増え続けていると言います。
この原因には、現代ならではの理由があります。主な原因を3つに分け、わかりやすくしてみました。原因を突き止めて、たくましい健康的な肌をてにいれましょう。

ストレスが肌を弱くする

第一の原因は、現代人が多く抱えるストレスにあります。ストレスのかかりすぎは体に多くの悪影響をあたえます。肌もその例外ではありません。

精神的なストレスが溜まると交感神経が刺激されます。交感神経は血管を収縮し、体を緊張させます。一時的な交感神経の優位は、生命の維持のためには重要なことですが、慢性的になりずっと続くと、血管の収縮が血流の悪化屁とつながり、結果として肌荒れやニキビなどの原因となってしまいます。

こすることやクレンジング、紫外線などの外部の要因

精神的なことだけではなく、物理的な外部からの刺激が、肌の健康状態を不安定にさせる原因となることがあります。

目のたるみやしわなどは、こすったりすることが原因の場合もあります。また脂分を落とすためのスキンケアとして行ったはずのクレンジングが肌を乾燥させてしまうこともあります。
肌の皮脂の量が多くないのに、クレンジングフォームで脂分を落としすぎてしまうと肌はカサカサになります。 また紫外線も肌の細胞、さらに遺伝子までも傷つけてしまうので、肌を弱くします。

免疫力の低下

現代に生きる私たちは、100年前の日本人と比べると、衛生的にはかなり清潔な暮らしをしています。殺菌力のある洗剤を日常的につかうことで、身の回りの雑菌は昔と比べると大幅に少なくなっています。

これは生活が豊かになったと、ポジティブにとらえることもできますが、化学製品に頼りすぎて生物的な本来の力を失いつつあるとネガティブにとらえることもできます。
私達の肌は、現代の便利な生活の中で、雑菌などが与える刺激に対しての免疫力、抵抗力がなくなってしまったのです。

皮膚の奥の真皮に侵入してくる細菌たちから肌を守ることができなくなり、肌の弱い人が増えてしまいました。

敏感肌のスキンケア

敏感肌の人は、化粧水や乳液、クリームに対してもヒリヒリと痛みを感じたり、赤みが出てしまったりします。ですから普通肌のひとよりもスキンケアが難しいのです。
とはいえ、敏感肌を改善しつつ、肌に美容効果をもたらす敏感肌用スキンケア化粧品もあります。ストレス解消や、肌から脂分を奪い過ぎないことなどに気をつけながらスキンケア化粧品選びも慎重にしてみましょう。

関連記事

敏感肌は病院に行かなくても改善する

おすすめ化粧品

年齢肌の話

敏感肌の話

乾燥肌の話

ほうれい線の話

しわの話

くすみの話

シミの話

アンチエイジングに有効な成分

その他の話